佐々木屋

技術的なことから趣味まで色々書きます

きっかけ

実はブログを始めた理由はもう一つあって、前に話した新人SEさん以外に、約2年前にプログラミング研修?ということで2人(出向者)新しく入ってきました。この記事を書いている段階でほとんど教育課程は修了し、3人は技術的な差は多少あるものの、ほとんど同じようなレベルになりました。

私も彼らの教育担当ではないのですが、ちょこちょこと技術的な話をする機会が少なからずありました。2年の間色々話したり、コードを渡したりしていましたが、残念ながら(まぁ私の伝え方・教え方が悪いんだろうなぁ)、その内容がほとんど全く伝わっていないということに最近気がついたのです。

でもね、伝え方が断片的というか、バックボーンが無い状態で話しているわけですので、当然といえば当然。
配列の概念がよく分かっていないのに、インスタンスコピーの話したりね・・・。

また、色々説明しても、言葉で説明を聞いたその場では「分かった風」になるんです。これは勉強と一緒ですよね。授業受けたときは理解できるけど、いざテストになると出来ない、友達にもうまく説明できない。

例えばオブジェクト指向、手続き型、関数型プログラミングの話一つとっても、どうも勘違いしている模様。オブジェクト指向=マルチスレッド?そうではないですよね。そしてオブジェクト指向については、巷であふれている、あの「モノ」に例えた表現・解説がもっと混乱させてしまっているワケです。ちなみに私はこの思考は大反対です。そのうち回想として書こうかな。彼らはもともとVBA、VB6をスタートとして研修しているので、このような考え方に終着するのはある意味致し方無いのかなぁと思っています。


ちょっと脱線しましたが、今更ながら反省しています。

で、話は戻りますが、私がこの技術ブログを始めたきっかけ。ひょっとしたら彼らが3年後、4年後に色々気がついてくれて、「そういえば、あの時佐々木が話してたような記憶が・・・」と振り返るかも?しれません。その時に見返す資料がWordやメールなどとっちらかってるとどうせ見ないし探すのも面倒。じゃあWordでまとめ直す?と思ったけど、改廃が面倒、というかWordだと気軽に見れない(自宅とか出向元に戻った時とか)。印刷してもいいですが、やっぱりデータの方が何かと便利。じゃあ技術ブログかな?と思った次第です。クラウドなら家からも見られるしね。

少しでも知識のおすそ分けが出来ればと思って、このブログを日々執筆しています。